Thursday, March 25, 2021

Fabric with a Big Drawing from the Big Apple: making facemasks project

 日本語は下

Fabric with a Big Drawing from the Big Apple: making facemasks project


In March-April 2020, Queens, NYC where I live became the center of Covid-19 pandemic in the world, and the residents including myself were in a situation that some of acquaintances were hospitalized or some of friends died. Everyone felt the fear of this illness in real close. I was planning to hold outdoor events and comic cons as usual, but of course all of them were canceled. I started to continue to make facemasks with my leftover cloth and donate them to my community. I couldn't make anything other than facemasks. 


Fortunately, I received two offers. One was inviting to group art show, One Big Drawing. Then I created this project: Fabric with a Big Drawing from the Big Apple. 


The site of One Big Drawing was released in December 2020.

 

https://www.onbigdrawings.com/takashima-long-drawing



The On Big Drawing was curated by Friedhard Kiekeben and Jennifer Shaw. Thank you very much for the opportunity. This website is like an archive for me, as it introduces my past works.


The group exhibition was originally planned at the Chicago Columbia University Gallery, but due to Covid-19, it became an online exhibition.

Without this offer, I wouldn't have been able to make a new work in 2020, so I'm very grateful.


For this group exhibition, I digitally portrayed my experience during the 2020 NYC pandemic in manga. The motifs include ambulance sirens, N95 masks, rubbing alcohol, unemployment insurance websites, friends who started community group to secure foods, making cloth facemasks, and fireworks on Independence Day seen through the rear window.



I printed this manga on an organic cotton fabric and made masks from it. Each mask is a part of the manga. These unique 50 masks don’t have same pattern.


You can only see the whole manga on a digital device, and the manga is actually 100 cm wide and 300 cm long. So if you zoom in with your fingers on your device, you can see the more details. I you have Dropbox account, you can experience the manga here.


https://www.dropbox.com/s/68q64tn1g25ai7x/OBD_rica01.jpg?dl=0&fbclid=IwAR1m34CsbISUmOuctm7bNyy9MIdIc3ZY5YRCgubmYYXHmii0-SdLPZzu00M




Also in December 2020, ArtBase88 in Fukuoka invited me to a group exhibition called Beyond New Border 2020. This was an online exhibition too.

 

https://www.instagram.com/beyondnewborder2020/

https://www.facebook.com/beyondnewborder2020/




Next, here is a link to the group exhibition Spring Forward for Women's Month in March 2021. Curators were Heidi Russell and Arantxa X. Rodriguez. Thanks for having me!


This was an exhibition in person in two years. I was relieved to think that the pandemic had passed its peak. However, it was not easy to display and manage the digital manga, so I exhibited only the facemasks at the show. 

Revelation Gallery, 224 Waverly place New York, NY

March 1-31, Mon-Fri 11am-3pm



Please watch this introductory video with 50 female artists from all over the world. You can see a glance of the venue in the first minute. After that, each artist leaves comment for about 30 seconds. These introductions by various artists are wonderful. Mine is around 6min 30 sec.

 

https://www.youtube.com/watch?v=Kgt4zOymAfc





😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷  😷


2020年3−4月に私の住む地域は世界のコロナパンデミックの中心地になり、私を含めた住人は知り合いに必ず入院者が出たり友人の知り合いに亡くなった方がいるような状況になりました。誰もがこの病気の怖さを手に取れるようなリアルさで感じていたのです。私は例年通りに屋外イベントやコミコンなどをする予定でしたが当然全てキャンセルになり私は手持ちの布でマスクを作り寄付する日々が続いていました。マスク以外のものは作れない精神状態でした。


そんな中に幸運にも二つのオファーがきました。そのうちの一つがこのプロジェクトです。 202012月にサイトがリリースしました。


https://www.onbigdrawings.com/takashima-long-drawing

 

On Big Drawing という名前のグループ展です。学芸員さんは Friedhard Kiekeben Jennifer Shaw。どうもありがとうございました。

ロシカゴコンビア大学ギャラリーでのグループ展の予定でしたが、パンデミックのせいでオンラインのみの展示になりました。

このオファーがなかったら私は2020年は新作を作れていなかったのでとても感謝しています。

このグループ展のために、2020年のNYCでのパンデミック中での経験をデジタルで漫画に描きました。救急車のサイレン、N95マスク、消毒用のアルコール、失業保険のサイト、配給のランチ、地域サポートを始めた友人、手作りマスク、裏窓から見えた独立記念日の花火などがモチーフになっています。



この漫画を布にプリントしてそこからマスクを作成しました。マスクはそれぞれ漫画の一部であり約50個作成したうち同じ柄は一つもないユニークなものになっています。



デジタルデバイスでしか漫画全体像は見られないのですが、実はこの漫画のサイズは横100cm 300cmあります。ですからデバイスを指で拡大していくと、細かいディテールが見れるようになっています。データが大きいのですがDropboxを持っている方はここで見る事ができます。


https://www.dropbox.com/s/68q64tn1g25ai7x/OBD_rica01.jpg?dl=0&fbclid=IwAR1m34CsbISUmOuctm7bNyy9MIdIc3ZY5YRCgubmYYXHmii0-SdLPZzu00M


このOn Big Drawingでは過去の作品も紹介してくださって、私のアーカイブ的な面もあります。改めて Friedhard KiekebenJennifer Shawさんには感謝します。

 




同じく202012月に福岡のArtBase88さんがBeyond New Border 2020 というグループ展に呼んでくださいました。これもオンライン展示です。

Also in December 2020, ArtBase88 in Fukuoka invited me to a group exhibition called Beyond New Border 2020. This was an online exhibition too.

 

https://www.instagram.com/beyondnewborder2020/

https://www.facebook.com/beyondnewborder2020/




次に紹介したいのは、20213月の女性月間に合わせたグループ展Spring Forward です。学芸員はHeidi RussellArantxa X. Rodriguez

これは2年ぶりのリアル展示でした。パンデミックもピークをすぎたのだと思い、正直ホッとしました。しかしデジタル展示用として作った作品は展示方法も管理も難しく、マスクのみの展示になりました。




世界中から50人の女性作家が参加するこの紹介ビデオぜひ見てください。最初の1分で会場の様子がわかります。そのあと約30秒ずつ各作家のコメントが入ります。多様な国からの多様な作家さんの紹介が素晴らしいです。私は6分30秒くらいに出ています。



https://www.youtube.com/watch?v=Kgt4zOymAfc





Tuesday, April 28, 2020

Hello from Rica

Hi!
Thanks for visiting my blog.
Please visit these links below for more information!

Thank you very much,
Rica Takashima

NEW PROJECT!

Fabric with a Big Drawing from the Big Apple


Social practice art project
One Stop Family Pop Up

Ramp Project NYC (StopGap NYC)


Manga/Anime drawing

Manga Sculpture at Randall’s Island

Participatory art project
Aliens in New York art project
https://aliensnewyork.wixsite.com/mysite

Old website (1980s-2015ish)

Twitter

Wikipedia

Friday, April 17, 2020

I will be part in Virtual Art Con!

 Hi!
日本語は下
I will be part in Virtual Art Con!
Saturday, April 18 1pm-2:30 lunch break 4:30-12:30am

Virtual Art Con will happen here:
Instagram: VAC  https://www.instagram.com/virtualartcon/
FaceBook: @virtualartcon https://www.facebook.com/virtualartcon/

Rica's Live Stream @ my account
Instargram: ricatakashima
 Facebook, Messenger: Rica Takashima 
You can ask me to make a HK facemask during VAC time. Chose your fav from 77 variety cloths for your mask! I will send it to you later via post mail. I’ve stayed at home for 3 weeks and never went shopping nor used delivery, so I am coronavirus free. I am making these masks with new materials that I had already at home. You don’t have to be afraid that masks I made has coronavirus.


About HKmask: HKmask is said to work like N95 mask quality when you put a paper tissue in a pocket inside the mask. You can use the mask without a tissue for daily use and it is 50% the effect of N95 mask. 

You can ask me to draw you in my manga style from a screen shot during we chat. I will send it to your SNS account. 

ヴァーチャルアートコンに参加します。
日本時間:4192:00-3:30am, 休憩5:30-11:30am 
77種類の布から選んで、オリジナルの布マスクを作ります。私は3週間全く外出せずデリバリーも使っていません。また、以前から家にあった素材だけで作るマスクは完全に新コロナウィルスフリーなので、安心して使っていただけます。出来上がったマスクは郵送でお届けします。日本からもよかったら覗いてみてね。



Sunday, December 22, 2019

LGBTQ and Social Diversity in Asian Art

My artwork has been showed in a collection exhibition: 

LGBTQ and Social Diversity in Asian Art 

at Fukuoka Asian Art Museum 

2019 December 2 - 2020 March 17. 

Please drop by if you are in the area.

福岡アジア美術館の展示「アジア美術からみるLGBTQと多様性社会」にて

私の作品が展示閲覧できます。

お近くの方はぜひお立ち寄り下さい。

2019122 ( 2020317 ()





Sunday, November 24, 2019

Card Calendar 2020!

Thank you very much for supporting my art project in 2019!

This year, I carried two projects, StopGap Ramp Project NYC and One Stop Family Pop Up including a Peekaboo-sculpture.
Please take a look at my activities in 2019.

https://1stopfamily.blogspot.com
https://therampprojectnyc.blogspot.com

About the ramp project, I am planning to invite diverse artists (including me) to draw unique pictures on ramps.

Please help the art project by tax-deductible donation and get an original mini calendar!
This mini calendar is a perfect card/gift for holiday season.
It can be sent as a holiday card and they can be used as a calendar.
The three drawings are by Rica Takashima.

Since they are small, they can use it in the office, locker, or on a fridge.
(8.5 x 5.5 inch)
There are two blank pages to write messages to your receiver.
This is a perfect item to start the Year of the Rat with.
One card for $10, and three cards for $25.
(Please see grid below: Your tax-deductible cost will be $5/one $10/three after deducting the transaction, postal expenses, and basic cost) You will get one extra card from Rica as a thank you card, so you can use it for yourself!
Card Calendar
With envelope
PriceYour tax-deductible cost
     1 $10$5
     3 $25$10
     5 $40$20
     10 $75$25
     20 $140$40
Please visit the NYFA page to donate for the art project.
Aliens in New York page at New York Foundation for the Arts

Please put “Holiday” at Note section.
This special opportunity lasts until end of December.

Your kind donation will be used to events like transportation, material cost for art workshop, etc. Our project is a space where strangers from different backgrounds can meet, understand and create art together. Through interactive arts, participants experience face-to-face personal contact, rather than communicating through Internet social networking services in virtual worlds. This tangible human interaction is needed in our society.
Thank you very much,

Rica Takashima
 Follow me! Twitter  IG
 Like me! Face Book

Wednesday, October 2, 2019

 New York Comic Con Booth #2270

Hi!

I am so excieted to attend for all days at New York Comic Con this year.
I will be sit at Booth #2270, Women In Comics.
Please drop by and say hello!


Tuesday, June 18, 2019

Brooklyn Comic Con 2019

先週末、ブルックリンコミコンに、運よく参加できたのですが
とても気に入ったのでご報告。まず会場は駅から徒歩7分くらいの場所で公園が隣にあります。これは気持ちよくて良いね!マンハッタンからもクイーンズからも行きやすいです。

写真は、5時50分ごろ、もうお客さんが減っているときに撮ったので
あまり盛況に見えないかもだけど、実際にはそこそこにはお客さんが来ていたし
11時オープン時のために列が10時から出来ていました。

これは普通のコミコンベンダーやアーティストテーブルの風景ですけど、
こんなポールダンスのスペースがある。右側奥にはスーパーマーケットのプリントのバナーがあって、左右と奥は本物の水とかソーダ缶の商品が積まれてて、なんか面白い空間。
時々ダンサーがパフォーマンスするけど、誰が踊って参加してもおっけ。




ここもポップなサロン風の空間。こんな写真取るのに楽しい空間がコミコンのあちこちにある。







 これはドリンクバー。大概のコミコンだとスナックや飲み物が高額だけど、ここはソーダが2ドル、ビールが5ドルと、安いので気軽にバンバン買える。

ここら辺は、いわゆるビデオゲームコーナー。ゲームが乗ってる箱って、多分牛乳箱みたいなので、手作り感満載。このゆるさが良い。

カードゲームのプレイコーナーもあったけど、あまりやってなかった。

 何故かメインステージはレスリングのリングになっており、(右にはバウンシーハウス)

コスプレしながら、みんな適当に戦って遊んでた。それがめっちゃ面白くて観客はみんな見てた。(写真はもう終盤なので普通の格好の人が写っているけど)
ちなみにパネルとかもここでやる。なんかすごく良くない??パネルやってない時はここでみんな好きに走り回ってた。男性陣、少年に戻ってはしゃぐ、の巻。

 外にもバウンシーハウス。子供も大人も遊んでいる。ストリートフェアなどのバウンシーハウスは、お子様たちに独占されて、大人は出来ないけど、ここでは大人も遊べる!








 ブルックリンぽい?おしゃれなフードベンダー。ケイジャンフードとか。
大人気だった。写真は終盤なので人が写ってないけど。
 再び屋内。アーティストテーブルの合間にある、こういうストリートフェアにある、ボール投げゲームもある。マトに当たると、椅子に座っている人が落ちるタイプのやつ。









アーケードゲームの躯体も数体。懐かしゲーム系。ここも人気で列出来てた。
 唯一の企業ブース。なんかのゲームに参加して、大きないわゆるコミコンによくある、でっかいロゴの入ってるバッグがもらえるんだけど、どうせならガイコのオリジナルコミックスのプリントにすれば良かったのに、とも思った。
こんな感じの、
「マリオを横長にプレイしてみたかった!」てな夢を手作りで実現している。こういったコーナーがあちこちに点在している。インディーズのゲームもあった。


小さいコミコンって、アーティストテーブル、ベンダー、パネル、ワークショップ、というのがおおよそのメニューなんだけど、つまりそれは主にオーラルコミュニケーションだよね。だけどここにはフィジカルなゲームのコミュニケーションがあった。そこがすごく新しく感じました。客層は、高齢者から(多分近所の方でここであるイベントにはいつもくる感じじゃないかな)家族、学生さんぽい方々、色々。
小さいコミコンにありがちな、「ひととおり会場を見て、自分の好きなもの買ったらあとはだらだらと、話をして過ごす」時間を潰す、ってあるじゃないですか?
ここなら本当に一日遊べる感じでした。主催の方々が、どんなコミコンをやりたいかっていうのがすごーく良くわかって微笑ましいコミコンだった。子供の頃に楽しくて遊んで、でも大きくなったらやりにくい遊びをここに持って来ておもちゃ箱にしたようなコミコン。

ここでちょっとイヤミいうよ?
郊外の地域起こしとしてのコミコンあるよね?
コミコンやれば盛り上がるから、漫画やコミックの大ファンじゃないイベント担当者がやるやつ。で、若い貧乏アーティストやアート学校の学生からテーブルフィーとるやつ。私のところにも無料テーブルで交通費出すから来てくださいとかメール来ているよ。
そういう大人は、このブルックリンコミコンを見て学んで欲しいです。
ゲームやコミック文化への健全な愛が詰まってますから。

心配なのはコレ、おそらく赤字だろうなって事です。
入場料を取るイベントですけど、スポンサー企業あと2つくらい欲しかったよね。第一回目でよくガイコ取れましたね。偉いです。でも積んであった残りの水とソーダとビールの箱の数を見たら、多分見積もったお客さんに届かなかったんだろうなと思った。
なんとか来年もやって続けていって欲しいです。応援します。


最後に私のテーブルです。Women in Comicsのテーブルに間借りさせていただきました。いつもありがうございます。ここに私の動画も貼っていますから、見てくださいね。               ここ→インスタグラム